ケンネルコフ(犬伝染性喉頭気管支炎)

ケンネルコフ(犬伝染性喉頭気管支炎)は、空気感染しやすい病気で、呼吸器官が侵されます。

子犬

通常、複数の細菌とウイルスが複合して発症します。
ケンネルコフという名前は、ペットホテルやドッグショーなど、犬が密集するところで急速に伝染することから付けられました。

予防注射が病気予防の最適な方法です。
ペットホテルをよく利用したり、他の犬との接触が多い場合には、1年に2回予防接種を受けるようにすると良いでしょう。

ケンネルコフの原因

  • 他の犬がいるところならどこでも感染する可能性があり、感染した犬が1匹いれば、接触した犬に感染してしまいます。
  • ほとんどの場合は、気管支敗血症菌という細菌が原因です。
    この菌は、他のウイルスの感染後に体内に侵入して感染させます。
  • パラインフルエンザウイルスなど、他のウイルスや細菌が関係している場合もあります。

ケンネルコフの症状

  • 最も顕著な症状は発作性の乾いた咳です。
    犬ののどに異物が引っかかったような、あるいは吐こうとしているような咳がでます。
    咳に伴って、吐いたり、のどを詰まらせることもあります。
  • のどに触ると咳き込みます。
    首輪の代わりにハーネスを使い、のどを圧迫しないようにします。

ケンネルコフの治療処置

対処療法で咳を緩和し、細菌による二次感染の予防に努めます。
ほとんどの場合、2~3週間で自然に治りますが、楽になるように咳止めの薬を処方してもらいます。

ハーブ療法

スリッペリーエルム(アカニレの類縁種)から作られた咳止め薬が有効です。
針を外した注射器を使って、シロップを口の中に入れます。

ケンネルコフの関連ページ ・通販情報

犬 9種混合ワクチン