犬のしつけ-社会化と習慣化

愛犬と幸せに暮らすための一番の条件は、愛犬が健康であることです。
次に求められるのは、誰からも愛される存在であることです。

地域の人や獣医さん、トリマーさんなどに迷惑をかけることなく可愛がられることは、ご家族にとって嬉しいだけでなく、犬にとってもストレスのない生活を送る基礎になります。

そのために求められるのが社会化と習慣化です。
家族以外の人や動物に慣れ、様々な刺激がストレスにならないようにするためには、あらゆる場面や音、状況を経験させておくことが大切です。

こうした最小限のしつけをすることで、動物病院でもおとなしく受診ができ、健康を守ることができます。
そして万が一、災害などに見舞われた時も、安心して避難先に連れていくことができるのです。

犬のしつけ


犬の社会化・習慣化

社会化・習慣化のためには、以下のような事例を経験させるのが良いと言われています。

場面や場所

  • 動物病院、他の家、レクレーション施設、道路、交通機関、公園、エレベーター、エスカレータ

人間や動物

  • 男性、女性、子供、赤ちゃん、老人、ハンディキャップのある人、声の大きい人、おとなしい人、配達の人、帽子をかぶった人、メガネの人、髭の人、ベビーカーを押す人、自電車に乗った人、白衣を着た動物病院のスタッフ、他の犬、猫、その他の飼育動物、家畜

  • 電気掃除機、洗濯機、ドライヤー、自動車、子供のおもちゃ

犬のしつけトレーニング

トイレトレーニング
ハウストレーニング
タッチトレーニング

犬のしつけ関連ページ ・通販情報

プレミアムドッグフード『馬肉自然づくり』