犬の口のがん

犬の頭部のガンで最も多いのが口にできるガンです。
口の黒色腫(メラノーマ:ガンの一種)になりやすいのは、ブラック・コッカー・スパニエル、チャウチャウなど色の濃い犬種です。

一見正常な歯の周りが腫れたりする症状が初期に現れます。

鼻と鼻腔のガンは、犬のガンの約2%を占めます。

慢性的な耳の感染症にかかっているコッカー・スパニエルなどは、耳の中の分泌物を作る腺のガンになることがあります。

犬のがん予防

歯のブラッシングをするときなどに口を定期的にチェックし、早期発見を心がけます。
口の中に何かができていたら、できるだけ早く獣医師の診察を受けるようにしましょう。

皮膚、鼻、口のガンは、多量の紫外線を浴びないようにすれば予防できる確率が高くなりますので、犬を長時間日光に当てないようにするといいでしょう。



犬の口のがんの関連ページ ・通販情報

がん治療フコイダン通販