犬の歯の病気

品種、遺伝、年齢、食餌、そして全般的な健康状態すべてが、歯周病の発症率やその進行に影響を及ぼします。

ペットが食べにくそうだったり、噛み方が変わったり、食べたくない様子だったり、前足で顔をかくような仕草をしていたら、歯の病気の可能性があります。

ふさぎ込んだり、元気がないのも、口の中の感染症が原因の場合があります。

犬の歯肉炎を治療せずに放置すると、歯肉の間に細菌が増殖して膿がたまり、その結果、歯と歯肉の間、歯肉と顎の骨の間にすき間ができます。

顎の骨が感染すると、回復不能な歯根膿瘍になります。
この段階になっても、歯のクリーニングと歯垢除去を行えば、歯根膿瘍の悪化を防ぐことができます。

犬の歯周病を放置すると、細菌が血管に入り、心臓、肝臓、腎臓など他の内臓器官の病気の原因になることもあります。
また、次第に歯肉が後退して歯が抜け落ちます。

犬が虫歯になることはあまりありません。
虫歯になるとしたら、歯冠ではなく歯根が虫歯になる場合がほとんどで、細菌によって歯根に膿がたまる歯根膿瘍になりやすくなります。

この段階では、抜歯するのが最も一般的な治療です。
歯科専門の獣医師が、感染した歯根の切断を勧めることもあります。



犬の歯の病気の関連ページ ・通販情報

犬のデンタルケア