猫のくしゃみ

ネコ

猫が時々くしゃみするのは正常です。
くしゃみをすることによって鼻腔を掃除しているのですから、通常は心配ありません。

しかし、くしゃみが頻繁になったら、感染症にかかっている疑いがあります。
透明な水っぽい鼻水はウイルスやアレルギーによることが多く、黄色っぽく濃い鼻水は一般に細菌によるものです。

食欲減退や発熱が見られる場合は、獣医師の診察を受けるようにしましょう。


猫のくしゃみ原因

上部気道の感染は、一般に流感やそれに類した病気の初期症状です。
猫ウイルス性鼻気管炎のほうが猫カリシウイルス感染症より、くしゃみが激しくなりがちです。

非伝染性の原因としては、花粉やほこりなど、細かい異物の多い環境が挙げられます。

片方の鼻孔だけに問題が生じているとしたら、特に年取った猫の場合、鼻孔にガンができている可能性もあります。

猫のくしゃみ症状

  • くしゃみが続く。
  • 鼻をひっかく。
  • 元気がなくなる。
  • 発熱、食欲減退。

猫のくしゃみ予防治療処置

獣医師は、原因が伝染性のものなのか、非伝染性のものかを調べます。
上部気道感染症の場合は、抗生物質が症状の緩和に役立ちますが、抗生物質はウイルス感染を直接治療するものではありません。

鼻に入った異物がくしゃみの原因になっている場合は、獣医師は猫に麻酔をかけて鼻の中を調べ、異物を取り出します。

上部気道感染症は、くしゃみによって猫から猫へ簡単に広がります。
伝染を防ぐため、病気の猫は屋外に出さないように注意しましょう。
また、同居の猫がいる場合も注意が必要です。

猫のくしゃみの関連ページ ・通販情報

  • 猫の健康
  • 犬の健康

犬と猫の救急箱