猫の口臭

猫の口臭は、歯または歯肉の病気を示す明白なサインです。
口臭は一般に高齢な猫に多く見られます。
年をとると、歯垢がたまり、食べ物のかすが挟まって、歯肉炎などにかかりやすくなります。

原因

  • 口臭のもっとも一般的な原因は歯石です。
    ネコ
  • 特に長毛種の猫の場合、歯石のために唾液の分泌が多くなりすぎて口の周りの毛に付着して、それが不快な臭いを発することもあります。
  • 猫が毛づくろいしたとき、抜けた毛が歯の間に挟まり、それが腐り始めることがあります。
  • 慢性腎不全も口臭の原因になることがあります。
    息に甘いにおいがある場合は糖尿病の疑いがあります。
    どちらの場合も、直ちに獣医師に診てもらいましょう。

家庭・病院での処置

  • 獣医師は正確な原因を突き止める必要があります。
    特に高齢の猫の場合、歯の問題だけでなく、腎不全の可能性もあります。
  • 歯磨きは歯石の除去に役立ちます。
    腎臓に問題がある場合は、食餌の中身を変えるのも効果的です。

猫の口臭の関連ページ ・通販情報

猫のマウスクリーナー