猫の喘息(ぜんそく)

喘息(ぜんそく)は、免疫システムがアレルギーやストレスに過剰反応するために起こる呼吸器系の病気です。

ネコ

発作は激しい呼吸困難が特徴で、すぐに手当てしないと死に至ることもあります。

屋内で暮らす猫が増え、家の中のアレルゲンが増えている中で、猫の喘息はしだいに増加しています。

花粉症の季節に急増する突然の喘息で・喘鳴発作は、この季節が終わると自然におさまります。

呼吸困難の兆候がある場合は、必ず獣医師に診せて原因を突き止めてもらうことが重要です。


猫の喘息原因

  • 屋外の花粉、カビなどのアレルゲン。
  • 屋内のハウスダスト、イエダニ、掃除用洗剤。
  • スズメバチやミツバチに刺されて喘息の発作が起きることがあります。
  • ストレスは喘息の大きな原因です。
  • 猫が捕まえて食べた鳥やカエルなどから、肺虫が腸を経由して肺に入ることがあります。
    猫はこの寄生虫を吐きだそうとしてせきをしますが、このせきは喘息の空せきのように聞こえます。

猫の喘息症状

  • せき(毛球による場合とにているが、呼吸困難を伴うことが多い)。
  • 息を吸うとき、耳ざわりなヒューヒューという音がする。
  • 突然、呼吸困難になる。
  • 酸素不足のため口や舌が青くなる。

猫の喘息予防治療処置

獣医師は、呼吸困難の正確な原因を突き止めるため、身体検査、血液検査、胸部X腺検査を行います。

ひどい呼吸困難がある場合、獣医師は気管支拡張薬や酸素療法、速効性ステロイドを処方することがあります。

家庭でできることでは、食事に抗酸化ビタミン(ビタミンC、E)を加えると、喘息発作の緩和に役立ちます。
生肉、刻んだ青菜、にんにく、ゆがいた野菜を食事に加えると良いでしょう。

屋内の湿度をあげましょう。
猫を抱いて湯気の立つ浴室の中に1日2回、30分ずつ座っているのも良いでしょう。
吸入器を使う方法もあります。
その際はメントール約5ml(小さじ1)か、ユーカリ・オイル3滴を加えます。

猫の生活環境からアレルゲンを取り除きます。
ほこりの出ない無香料の寝具を使い、空気清浄器をつけ、香りつきのカーペット消臭剤やトイレ消臭剤は使わないようにします。

猫の喘息の関連ページ ・通販情報

  • 猫の健康
  • 犬の健康

犬と猫の救急箱