猫の歯の病気

原因

  • デンタルケアの不足。
  • 猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)や猫白血病ウイルス感染症に伴う二次的な細菌・ウイルス感染。
  • 腎臓の免疫システムの慢性的な疾患から歯が悪くなることがあります。
  • ケンカや交通事故で歯が折れることがあります。

猫の不健康な歯のしるし

  • 口臭がある。
  • 歯肉が赤く腫れている。
  • 唾液の分泌が異常に多い。
  • 歯が茶色に変色している。
  • 歯肉から血が出る。
  • スムーズにものが食べられない。

病院での処置

  • 歯石が問題の場合は、獣医師は通常、麻酔をかけて、超音波歯石除去器で歯石を取ります。
    たくさんたまっていた場合は、感染症を防ぐため、術後に抗生物質が処方されることもあります。
    飼い主は、適切なケアによって、できるだけ早くものが食べられるようにしてあげることが大切です。
  • 膿瘍は抗生物質による治療が必要です。
    場合によっては、麻酔をかけて切開しなければなりません。
  • 事故等で歯がぐらぐらになった場合、程度によっては抜歯しなければなりません。

猫の歯の病気の関連ページ ・通販情報

猫のデンタルケア