猫の消化器系の病気

猫の胃腸障害の原因はさまざまで、腐った物や異物の誤食、感染症、毛球、アレルギー、寄生虫、他の器官の病気などが考えられます。

消化器系障害の症状は、嘔吐、下痢、便秘などです。
たいていは食事療法や投薬療法ですぐに回復しますが、長引く場合は、気長に辛抱強くケアしなければなりません。

猫は病気になると食べなくなることが多いので、猫の食べ方や様子をよく観察していると、何らかの異常が起きた場合、早期に発見できるでしょう。

猫の消化器系の病気関連ページ ・通販情報

人気のペット用サプリ通販